karotousen58のブログ

「変なことを思い出す→そのことについて、変な見解を述べる」というブログ

「人に迷惑かけていい」と「障害者が声をあげる」の間にあるもの 1

はてなブックマーク - News Up 「人に迷惑かけていい」40年前のドラマにいま、共感 | NHKニュース [障害] [人権] この記事と搭乗拒否事件とのブコメ反応に温度差を感じる。この記事では「私的な人間関係の中で『優しさ/ふれあい』によって問題解決」重視、…

今週のお題「高校野球」

今週のお題「高校野球」 正直なところ、高校野球にはあまり興味がない。 「9回2アウトで勝敗がほぼ決定という空気になった時点」の映像が特に、私は苦手である。昭和時代は、「応援している生徒(特に、今にも泣きだしそうな女子生徒)のアップ」が出てくる…

鳥取県民自慢のアイス

今週のお題「好きなアイス」 このお題を見て最初に頭に浮かんだのは、「大山乳業農業協同組合」で製造されているアイスである。 大山乳業協同組合は、鳥取県の酪農家で組織した専門農協である。ここで製造されている牛乳は、「白バラ牛乳」という名前で親し…

早生まれの子供にとっての「年齢」と「選択」

私は2月後半生まれである。小学生時代から、「早生まれ」という形で「年齢」を意識していた。早生まれで得をしたと思ったことは、正直なところ一度もない。 私の親は、早生まれに産んだことを恩に着せた。「早生まれはどうして得なの?」と私は親に何度か訊…

1970年代の夏、しょっちゅう聞かされた歌

今週のお題「私の『夏うた』」 私の好きな音楽ジャンルはイージーリスニングである。このジャンルは「うた」としてのカウントは難しそうだ。 こういう私の知っている「うた」は、とても少ない。だからこの記事では「夏うた」を、「夏によく流れる(流れた)…

今週のお題「テスト」

今週のお題「テスト」 今回は、高3の初夏(1982年)に受けた「河合塾の模試」関連思い出話。 私は高校卒業まで鳥取県で暮らしていた。高校時代は地元の「自称進学校」に通っていた。 この自称進学校では、「一クラスまるまる勉強家」的な方針で勉強をさせて…

てんかん・思春期・偏見

インスリン注射「トイレで打って」 理解進まぬ教育現場:朝日新聞デジタル [学校] [教育] "「隠れるようにして注射はしたくない」と思い、学校での注射を黙ってやめて"が重い。私はてんかん患者。周囲がてんかんに偏見を持ち「学校では服薬や通院について嘘…

2016年7月26日のあの事件と私

今週のお題「私の沼」 「2016年7月26日のあの事件」とは、「障害者施設での殺人事件」のことである。 事件そのものもショックだった。そして、その後のマスコミ報道や各種団体のコメントも、私にとって衝撃が大きかった。 「その後のマスコミ報道や各種団体…

「おやつ」のまわりにあったもの

今週のお題「おやつ」 このお題を見て、私が小学生だった頃のおやつも思い出した。 当時の私のおやつは、ほとんどが近所の駄菓子屋で買ったものだった。駄菓子屋の店の様子や当時買っていたお菓子が、私の頭に浮かんできた。 大袈裟と思われるかもしれないが…

今週のお題「おやつ」

今週のお題「おやつ」 「おやつ」という言葉を聞くと、私の頭には最初に「犬用おやつ」が浮かんでしまう。犬のしつけをする際に「犬用おやつ」を使ったら、しつけ終了後でもおやつをやめるわけにはいかなくなった。 物心付いたときから、うちにはずっと犬が…

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」 ゴールデンウィークには、ブックオフで本の価格が2割引となる日がある。だから、今年もその日に、生活圏内にあるブックオフをはしごした。今年は、「営業停止となった出版社」を店内で意識してしまった。 割引開始の2…

今週のお題「部活動」

今週のお題「部活動」 もしも、タイムマシンに乗って中高生時代の自分に会えたなら、私は次のことを話すだろう。 ・「部活動は楽しいに決まっている。部活動で青春を謳歌するのが普通。」という類の言葉を聞かされているのなら、「アビリーンのパラドックス…

外国語教室は自己紹介大会の会場かもしれない

今週のお題「自己紹介」 私は趣味で外国語教室に通っている。 最初の2年間は文法中心の学習だった。 一昨年の4月頃から会話の学習比率が高くなってきた。そして、半年ほど前からは、「150~300字程度で、テーマに沿って短文を積み上げて書く作文」も加わるよ…

「発達障害の理解や支援」に隠れているもの

支援を受けられぬまま死んでいったある発達障害者についての述懐 - decinormal [発達障害] "なんてもったいないのだ。こんなに知的で繊細な人を皆が無視してきた"の記述も重要。「本人に『困難や問題』が備わっていて、教育や福祉の支援で改善」という発想で…

特別お題「おもいでのケータイ」

特別お題「おもいでのケータイ」 私にとって最も印象に残っているケータイは、「F672iらくらくホン(mova)」である。 といっても、このケータイは私が使っていたものではない。母が最初に使ったケータイである。私が使ったわけでもないのに最も印象に残ってい…

「カラオケの十八番」にしたくても、できそうにない歌

今週のお題「カラオケの十八番」 私にとって、「カラオケの十八番」にしたくてもできそうにない歌、それはゴスペラーズの『ひとり』である。 この歌は好きだ。しかし、アカペラかつ高音となると私は混乱してしまう。否、「混乱」以前に声が出ない。 この歌を…

今週のお題「卒業」

今週のお題「卒業」 義務教育時代の卒業式について、私は変な思い出を持っている。 私が経験した卒業式では、ムードを盛り上げようとしてなのか、やたらと悲しそうな音楽が流されていた。 小学校の卒業式では、「呼びかけ」なることがやたらとなされていた。…

「一人はダメだよ教」とのつきあい方を模索 3

はてなブックマーク - 「休み時間は1人で過ごすよりも友達と楽しむべき」という教師の投書に様々な意見が寄せられる「押し付けないでほしい」「遊ぶことも大事」 - Togetterまとめ 「大勢の人の中にいることで、協調性や社会性が身に付く。一人でいるのは好…

「一人はダメだよ教」とのつきあい方を模索 2

「休み時間は1人で過ごすよりも友達と楽しむべき」という教師の投書に様々な意見が寄せられる「押し付けないでほしい」「遊ぶことも大事」 - Togetterまとめ [教育] [学校] 隠れたテーマは他にも有。「友達と楽しんでいる姿を見せて、大人を安心させろ/大人…

「一人はダメだよ教」とのつきあい方を模索 1

「休み時間は1人で過ごすよりも友達と楽しむべき」という教師の投書に様々な意見が寄せられる「押し付けないでほしい」「遊ぶことも大事」 - Togetterまとめ [教育] [学校] 隠れたテーマは他にも有。「友達と楽しんでいる姿を見せて、大人を安心させろ/大人…

2017年に書きたい「(発達)障害関連記事」

今週のお題「2017年にやりたいこと」 2016年は、障害に関するマスコミ報道が盛んになされた年だった。起こった事件もひどかったが、事件後になされた「障害者団体関係者やマスコミ報道」が私にとっては強烈だった。 一連の報道で、私は次のことを最も強く感…

今週のお題「2017年にやりたいこと」

今週のお題「2017年にやりたいこと」 私は趣味で、とある外国語教室に通っている。2017年にやりたいことは、「その外国の料理や菓子をつくってみること」である。 私は所謂「貧乏舌」の持ち主である。おいしいものとまずいものの区別がつかない。 スーパーマ…

今週のお題「私のブログ・ネット大賞2016」

今週のお題「私のブログ・ネット大賞2016」 今年一番印象に残った記事は、はてな匿名ダイアリー2016/02/24付記事「WHY Not Smile」 http://anond.hatelabo.jp/20160224211408 である。 anond.hatelabo.jp この記事に対して私は、コメント付きのはてなブック…

「いじめ・居場所・リセット」に隠れているかもしれないこと

子供のいじめを母親が1日で解決した方法 - きなこ猫のスッキリ生活 いじめられて学校へ行きたくないから自分の頭を丸坊主にした話 - うにのひとりぼっち育児日記 これらの記事を読んで、拙ブログ過去記事 図書館ツイートへの反応 - karotousen58のブログ を…

キャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」 5年後の私も、おそらく「(発達)障害」関連のことをいろいろと考え続けていると思う。 「医療や福祉サポートの対象となる障害者本人」でもなく、「サポートする職種の人」でもない、「…

小学校算数「割合」を、私はどうやって勉強していたんだろう?

800円の5割を800÷2と求めては駄目なのか? - Togetterまとめ [math] [学校] [教育] 私が「割合」を習ったとき、分数や小数と関連させて図示して考えてみる→「割合」に関するイメージを持つ という方法をどこかで知った(授業かそれ以外でか不明)。イメ…

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」 1. はてなブログを始めたきっかけは何ですか? karotousen58.hatenablog.com 2.ブログ名の由来を教えて! 夏炉冬扇という言葉をはてなidにした理由 karotousen58.hatenablog…

電子レンジで思い出したこと

「レンジで字が消える!」というYouTube動画を真似した息子がノートを黒焦げにした話 - give IT a try 電子レンジじたい、使い方に注意が必要。昔、甥が「焼き芋を温めようとしたら、煙が出た」と言った。母がアルミホイルを入れたこと有。「さつまいも 電子…

「最近あった、修学旅行での溺死」について思うこと

小6女児、修学旅行先で溺死 ホテルで入浴中 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース [学校] "6月に自宅で入浴した際に意識がもうろうとし、9月に入ってからも気分が悪くなったことがあり"が気になる。2度目のとき、きちんとした診察を受けたのか?学校側…

今週のお題「秋の味覚」

今週のお題「秋の味覚」 「秋の味覚」といえば、さつまいもが最初に浮かぶようになった。 さつまいもが母のおやつとして、重宝される季節がくる。どうやら、母が一番気に入っているおやつは「焼いも」のようだ。ふかし芋、天ぷら、大学いも、スイートポテト…

「『障害者×感動』の方程式」周辺にあるもの

NHK:「障害者を感動話に」方程式批判 - 毎日新聞 [障害] [社会] 「自分の幸せが改めてわかる」という理由に吃驚。「『非障害者の自分』と対比→自分と異なるカテゴライズ→幸運/感謝を隠れ蓑に同情/優越感を持つ」自分を見つめた上でのその回答なら、関係…

目的がわからない「全国学力テスト」

東京新聞:学力テストで一部生徒の答案除外 沖縄の中学「平均点下がる」:社会(TOKYO Web) [教育] [学校] この中学校関係者を庇うわけではないが、実は、映画『みんなの学校』でも似たようなことがなされている。何故かこの映画は批判されない。「批判されるの…

今週のお題「映画の夏」

今週のお題「映画の夏」 前回、子供向け教材映画『いきものシリーズ ひまわり』のことを書いて、くだらないことを思い出してしまった。 映画『ひまわり』といえば、やはり連想されるのはあの映画だろう。「ソフィア・ローレンが出るやつでしょ」とか「ヘンリ…

小学生の頃、授業で観た教材映画

今週のお題「映画の夏」 このお題を見て、何故か、小学校で観た教材映画が最初に頭に浮かんでしまった。 そして、「こういうタイプの映画って、義務教育を受ける年齢を過ぎたら観る機会がないな。子供と大人とでは、当然、持っている知識の量もタイプも違う…

ウヤムヤな状態にある、「障害児と健常児が共に学ぶ教育」概念 5

今回は、「障害者権利条約や合理的配慮に関する解釈」へのウヤムヤ状態について書く。 合理的配慮とはどんなことなのか? おそらく、人によって思い浮かべる内容はバラバラな状態にあると思う。 統合教育崇拝者が思い浮かべる「合理的配慮」像は、各種メディ…

ウヤムヤな状態にある、「障害児と健常児が共に学ぶ教育」概念 4

「授業についていけることなんかよりも、もっと大切なことがあるのよ。あくせくしなくてもいいじゃないの。そんなことよりも、みんなと一緒にいることが大切よ。人間関係を学ぶことのほうがずっと大切よ。」 「あくせくして実力を付けようとするなんて、優生…

ウヤムヤな状態にある、「障害児と健常児が共に学ぶ教育」概念 3

今回は、「早期発見と早期の専門家介入による、発達障害者と健常者との共生」イメージについて書く。 結論から言うと、前回書いた「ウヤムヤな状態にある『統合教育の成功例』イメージ」は、「早期発見と早期の専門家介入による、発達障害者と健常者との共生…

ウヤムヤな状態にある、「障害児と健常児が共に学ぶ教育」概念 2

私は、統合教育崇拝者に対して疑念を持っている。(注 「統合教育」「崇拝者」としている理由については 障害関連啓発イベントでの、「ありうべき共生像」等に対するモヤモヤ感 - karotousen58のブログ 参照) 次にあげることを彼(女)らに尋ねると、論点をは…

ウヤムヤな状態にある、「障害児と健常児が共に学ぶ教育」概念 1

少し前のはてなホットエントリーに、「発達障害児・学校生活・合理的配慮」関連記事があった。「(発達)障害・学校(企業)文化・合理的配慮」について書いてみたいと、私はずっと前から思っている。しかし、うまくまとまらない。まとまらない最大の理由は…

高齢者にやさしいかもしれない二槽式洗濯機

今週のお題「マイベスト家電」 タイトルの通り、マイベスト家電は二槽式洗濯機である。 今年に入ってすぐ、うちの洗濯機が寿命を迎えた。買い替えの必要が出た。地元の家電量販店で実物をいくつか見た。 全自動洗濯機を見て、「これじゃ、私の親は使えないな…

今週のお題「わたしの一足」

今週のお題「わたしの一足」 結論から言うと、「『わたしの一足』などという贅沢なことは言ってられない」状態である。 私の体は小ぶりにできている。足も小さい。私に合うサイズの靴は数が限られてくる。「どんな靴を置いているか」ではなく、「小さいサイ…

あなたの(おそらく)知らない『花咲か爺』

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」 去年のゴールデンウィークは、日本昔話『ふるやのもり』にのめりこんでしまった。そのことについては 今週のお題「ゴールデンウィーク2015」 - karotousen58のブログ で書いた。 『日本昔話通観第17巻 鳥取』によると…

今週のお題「私がブログを書く理由」

今週のお題「私がブログを書く理由」 ブログを書くと時々、「おお、思ってもみなかった視点からの説明があった。面白い。」とか「『それも一理ある』という納得」につながる場合がある。つながるとうれしい。「私がブログを書く理由」は、それである。 私が…

今週のお題「犬派? 猫派?」

今週のお題「犬派? 猫派?」 結論から言うと私は「犬派」である。 ・私は、犬とのつきあいは長いが、猫とのつきあいはほとんど経験がない。 ・私が子供の頃、近所のノラ猫に近づいてもしょっちゅう逃げられていた。 ・うちで飼ってきた歴代犬は、「近所の猫…

「よだきい」という方言

今週のお題「方言」 私は高校卒業まで、鳥取県内で暮らしていた。鳥取県の、中部と東部でよく使われる方言のひとつに「よだきい」がある。 高校を卒業してすぐ、九州の大学に進学した。九州で暮らすようになって初めて、大分県や宮崎県の方言にも「よだきい…

因幡の「から方言」

今週のお題「方言」 因幡の「から方言」について書く。「因幡」とは、因幡国(現在の鳥取県東部)を意味する。私の両親は、そこの出身である。 この「から方言」は、鳥取県東部を離れて暮らした経験のない人ならば、方言だと意識することはほとんどないだろ…

発達障害者と「暗黙の了解」との間

発達障害の子への障害告知とセルフアウェアネス~自分の強みを知っている事の大切さ~ - ひろげていこう 発達障害のWA!~「困ってる子」という視点からの支援~ [発達障害] 「告知」からずれたコメントを。暗黙の了解が理解困難、「太ってますね」発言は、…

今週のお題「バレンタインデー」

今週のお題「バレンタインデー」 私は今まで、「バレンタインデー」「ホワイトデー」という国民的行事(?)に参加したことがない。そして、これからも没交渉を貫くつもりである。 没交渉を貫く理由は、私が「日本の贈答文化を理解することが困難な、おバカ…

てんかんと救急医療

トリアージとは?正しい救急車の使い方 - ナースほど誇れる仕事はありません [お役立ち情報] 私はてんかん患者。1980年代、「所謂てんかん大発作で救急車が呼ばれて、タクシー代わりに呼ぶなと叱られた。」という話を何度か聞いた。この病気の場合、呼ばない…

いろはかるた

いろはかるたを、最近はあまり見かけない。近所の店に行っても、あるにはあるが目立たない。「子供向け、ことわざかるた」や「子供むけ、四字熟語かるた」のほうが目立っている。「試験によく出る」と謳われたものが。百人一首は根強い人気を持っているよう…