karotousen58のブログ

「変なことを思い出す→そのことについて、変な見解を述べる」というブログ

発達障害

「人に迷惑かけていい」と「障害者が声をあげる」の間にあるもの 3

はてなブックマーク - News Up 「人に迷惑かけていい」40年前のドラマにいま、共感 | NHKニュース [障害] [人権] この記事と搭乗拒否事件とのブコメ反応に温度差を感じる。この記事では「私的な人間関係の中で『優しさ/ふれあい』によって問題解決」重視、…

「人に迷惑かけていい」と「障害者が声をあげる」の間にあるもの 2

はてなブックマーク - News Up 「人に迷惑かけていい」40年前のドラマにいま、共感 | NHKニュース [障害] [人権] この記事と搭乗拒否事件とのブコメ反応に温度差を感じる。この記事では「私的な人間関係の中で『優しさ/ふれあい』によって問題解決」重視、…

「人に迷惑かけていい」と「障害者が声をあげる」の間にあるもの 1

はてなブックマーク - News Up 「人に迷惑かけていい」40年前のドラマにいま、共感 | NHKニュース [障害] [人権] この記事と搭乗拒否事件とのブコメ反応に温度差を感じる。この記事では「私的な人間関係の中で『優しさ/ふれあい』によって問題解決」重視、…

2016年7月26日のあの事件と私

今週のお題「私の沼」 「2016年7月26日のあの事件」とは、「障害者施設での殺人事件」のことである。 事件そのものもショックだった。そして、その後のマスコミ報道や各種団体のコメントも、私にとって衝撃が大きかった。 「その後のマスコミ報道や各種団体…

「発達障害の理解や支援」に隠れているもの

支援を受けられぬまま死んでいったある発達障害者についての述懐 - decinormal [発達障害] "なんてもったいないのだ。こんなに知的で繊細な人を皆が無視してきた"の記述も重要。「本人に『困難や問題』が備わっていて、教育や福祉の支援で改善」という発想で…

今週のお題「卒業」

今週のお題「卒業」 義務教育時代の卒業式について、私は変な思い出を持っている。 私が経験した卒業式では、ムードを盛り上げようとしてなのか、やたらと悲しそうな音楽が流されていた。 小学校の卒業式では、「呼びかけ」なることがやたらとなされていた。…

「一人はダメだよ教」とのつきあい方を模索 3

はてなブックマーク - 「休み時間は1人で過ごすよりも友達と楽しむべき」という教師の投書に様々な意見が寄せられる「押し付けないでほしい」「遊ぶことも大事」 - Togetterまとめ 「大勢の人の中にいることで、協調性や社会性が身に付く。一人でいるのは好…

「一人はダメだよ教」とのつきあい方を模索 2

「休み時間は1人で過ごすよりも友達と楽しむべき」という教師の投書に様々な意見が寄せられる「押し付けないでほしい」「遊ぶことも大事」 - Togetterまとめ [教育] [学校] 隠れたテーマは他にも有。「友達と楽しんでいる姿を見せて、大人を安心させろ/大人…

「一人はダメだよ教」とのつきあい方を模索 1

「休み時間は1人で過ごすよりも友達と楽しむべき」という教師の投書に様々な意見が寄せられる「押し付けないでほしい」「遊ぶことも大事」 - Togetterまとめ [教育] [学校] 隠れたテーマは他にも有。「友達と楽しんでいる姿を見せて、大人を安心させろ/大人…

2017年に書きたい「(発達)障害関連記事」

今週のお題「2017年にやりたいこと」 2016年は、障害に関するマスコミ報道が盛んになされた年だった。起こった事件もひどかったが、事件後になされた「障害者団体関係者やマスコミ報道」が私にとっては強烈だった。 一連の報道で、私は次のことを最も強く感…

キャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」 5年後の私も、おそらく「(発達)障害」関連のことをいろいろと考え続けていると思う。 「医療や福祉サポートの対象となる障害者本人」でもなく、「サポートする職種の人」でもない、「…

「『障害者×感動』の方程式」周辺にあるもの

NHK:「障害者を感動話に」方程式批判 - 毎日新聞 [障害] [社会] 「自分の幸せが改めてわかる」という理由に吃驚。「『非障害者の自分』と対比→自分と異なるカテゴライズ→幸運/感謝を隠れ蓑に同情/優越感を持つ」自分を見つめた上でのその回答なら、関係…

ウヤムヤな状態にある、「障害児と健常児が共に学ぶ教育」概念 5

今回は、「障害者権利条約や合理的配慮に関する解釈」へのウヤムヤ状態について書く。 合理的配慮とはどんなことなのか? おそらく、人によって思い浮かべる内容はバラバラな状態にあると思う。 統合教育崇拝者が思い浮かべる「合理的配慮」像は、各種メディ…

ウヤムヤな状態にある、「障害児と健常児が共に学ぶ教育」概念 4

「授業についていけることなんかよりも、もっと大切なことがあるのよ。あくせくしなくてもいいじゃないの。そんなことよりも、みんなと一緒にいることが大切よ。人間関係を学ぶことのほうがずっと大切よ。」 「あくせくして実力を付けようとするなんて、優生…

ウヤムヤな状態にある、「障害児と健常児が共に学ぶ教育」概念 3

今回は、「早期発見と早期の専門家介入による、発達障害者と健常者との共生」イメージについて書く。 結論から言うと、前回書いた「ウヤムヤな状態にある『統合教育の成功例』イメージ」は、「早期発見と早期の専門家介入による、発達障害者と健常者との共生…

ウヤムヤな状態にある、「障害児と健常児が共に学ぶ教育」概念 2

私は、統合教育崇拝者に対して疑念を持っている。(注 「統合教育」「崇拝者」としている理由については 障害関連啓発イベントでの、「ありうべき共生像」等に対するモヤモヤ感 - karotousen58のブログ 参照) 次にあげることを彼(女)らに尋ねると、論点をは…

ウヤムヤな状態にある、「障害児と健常児が共に学ぶ教育」概念 1

少し前のはてなホットエントリーに、「発達障害児・学校生活・合理的配慮」関連記事があった。「(発達)障害・学校(企業)文化・合理的配慮」について書いてみたいと、私はずっと前から思っている。しかし、うまくまとまらない。まとまらない最大の理由は…

発達障害者と「暗黙の了解」との間

発達障害の子への障害告知とセルフアウェアネス~自分の強みを知っている事の大切さ~ - ひろげていこう 発達障害のWA!~「困ってる子」という視点からの支援~ [発達障害] 「告知」からずれたコメントを。暗黙の了解が理解困難、「太ってますね」発言は、…

今週のお題「バレンタインデー」

今週のお題「バレンタインデー」 私は今まで、「バレンタインデー」「ホワイトデー」という国民的行事(?)に参加したことがない。そして、これからも没交渉を貫くつもりである。 没交渉を貫く理由は、私が「日本の贈答文化を理解することが困難な、おバカ…

今週のお題「今年こそは」

今週のお題「今年こそは」 今年こそは、「学校教育における隠れたカリキュラム」・「学校文化」・「発達障害」の3つの事柄を関連させてまとめた記事を発表したい。 ブログではなくBBSがよく使われていた時代からずっと、この思いを持っていた。しかし、うま…

「学んでいるふりをしろ」圧力と学級崩壊

学級崩壊か、家庭崩壊か、地域崩壊か - 北沢かえるの働けば自由になる日記 [学校] [教育] "子どもたちがその先生についていくかを決めるのは、教え方がうまいかどうか。(中略)授業がつまらなかったら、子どもたちは言うこときかなくなりますよ。"学級崩壊予…

障害関連啓発イベントでの、「ありうべき共生像」等に対するモヤモヤ感

義手・義足の“欠損女子”に会えるバーに潜入 [障害] [社会] 「不便」の裏には、「期待される障害者像」を一方的に押し付けてくる「健常者中心文化」がないか?観察・分析・解釈される対象となるのは障害者側、する対象となるのは健常者側、という図式になって…

話し言葉の難しさ

自閉症の人、方言話さない傾向 弘前大教授らが調査:朝日新聞デジタル [発達障害] 藤原教授のコメントと私の実感は近い。話し言葉は、書き言葉よりも「主語や目的語などを省略、指示代名詞連発」等があり難儀。また、書き言葉は、書き手が事前に構成を考えて…

「共同体感覚」という謎ワード

ゲームに負けてかんしゃくを起こす子への対策 - Togetterまとめ [発達障害] 癇癪の裏に「癇癪を煽る人(特に大人)」がいる場合有。「お前に負けるバカはいない」などと煽っておきながら、指導と称して「腹が立つようではダメ」などと言う。他の児童も真似。煽…

今週のお題「これって私だけ?」

今週のお題「これって私だけ?」 私は1965年の早生まれである。私と同世代の人なら、子供の頃に『しあわせなら手をたたこう』という歌を歌った(或は歌わされた)ことがある人は多いはず。 今回は「この歌を学校という場で歌わされたとき、手を叩かなかった…

自慢話がわからない

男性の自慢話離れが深刻!76%は「自慢することない」と悲痛な声-Suzie [考] 私は自慢話がわからない。というか、話に隠れている(ということになっているらしい)「自慢したいという気持ち」を察する力が壊滅的に弱い。自慢話と気づかないで、話を面白がるこ…

今週のお題「憧れの人」

ブログをみんなで楽しもう 今週のお題「憧れの人」 「自分は非コミュだ。常識がわからなすぎる。場の空気が読めない。」 この言葉を、私は、「私が憧れている人たち」からよく聞く。 ひょっとしたら、「私が憧れる人たち」は、コミュニケーションに対して次…

「ユマニチュード」に興味津々

医学書院/書籍・電子メディア/ユマニチュード入門 この記事についたはてなブックマーク経由で、私は「ユマニチュード」という言葉を知った。 認知症の家族がいるので、「認知症と介護に関する情報」を期待してこの記事を読み始めた。 しかし、最初の、書籍…

「小中学生がやらされる自由研究」と『裸の王様』もどき

ブログをみんなで楽しもう 今週のお題「自由研究」 「小中学生がやらされる、自由研究や夏休み校内作品展」という言葉を見聞きすると、私は『裸の王様』(アンデルセンの童話)を連想してしまう。特に、パレードを見た人々が「本当によくお似合い」と褒めて…

成人発達障害の「理解・受診」は、実は要警戒ワード 3

今回は、成人発達障害の「理解・受診」は、実は要警戒ワード 1 - karotousen58のブログの 3. 診断名はどうしても必要なのか? 「診断名が付かなかった人の場合は自業自得」とでもいうことなのか? という疑問。 について書く。 結論から言えば、「受診して発…