読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

karotousen58のブログ

「変なことを思い出す→そのことについて、変な見解を述べる」というブログ

認識の違い

店員に敬語で喋るやつを見ると鼻で笑ってしまう:腹筋崩壊ニュース

http://www.fknews-2ch.net/archives/26406989.html

 これを読んで、変なことを思い出してしまった。「私の認識は、やはりアスペルガー症候群的なのか」と思ったことを。

 

 3年程前だったか、あるブログで次のような内容の記事を読んだ。

 新聞の投書欄に、「レジで会計を終えたとき、コンビニの店員が、客である私を見ないで奥の冷蔵庫のほうを見て、『ありがとうございました』と言った。こういう態度はけしからん。客を粗末に扱う態度だ。」という投書があった。投書内容に共感した。

 

 このブログ記事のコメント欄にも、ブログ主に共感するコメントのみが掲載されていた。

ブログ記事とコメント欄を読んで、私は怖くなった。

 私だったら、「客を粗末に扱う態度」とは認識しないで寧ろ全く逆方向の解釈をやってしまうんじゃないかと思ったのだ。

 

 私の解釈

 1.コンビニ店員って、いろいろなことに対して同時進行で気を使わなければならないんだろうな。「さっき、缶ビールをたくさん買った客がいた。だから、ビールを補充しなければならない。」とか「汚れた靴で入った客がいたから、床をふかなければいけない。」とかいったようないろいろなことを同時に考えている状態でレジを打ったのかもしれないな。

 もしそうなら、いろいろと大変な状態でも「ありがとうございました」と声をかけてくださったんだな。

 2.そもそも、「店員がどこを見ながら『ありがとうございました』と言った」なんて意識するようなことにまで、私の頭はまわらない。「買ったものをどのように使うか」といったようなことだけで、私の頭はいっぱいである。

 

  もしも、私がコンビニ店員をやったなら、「客を粗末に扱う店員」という評価をされっぱなしになるんだろうな。粗末に扱おうという意図はないのだが。

 ブログ記事を読んだ頃、この「解釈の違い」について、何人かの身近な人にきいてみた。すると、ほとんど全員が、「karotousen58のような解釈をする人なんて、ほとんどいないと思う。やっぱり、客を見て『ありがとうございました』を言わないのは失礼だ。」と答えた。

 

 もしも、「私の解釈」を、どこかの子供がその子供自身の解釈として、大人に対して述べたならどういう返事が返されるのだろう?

 やっぱり、「karotousen58の解釈はおかしい。」という返事になるのだろうか?

それとも、「店員さんに不平を言うような、わがままな子ではいけません。」といった返事になるのだろうか?

私の経験から考えると、後者となりそうな気がする。

もしも後者となったなら、「どうして、karotousen58と子供とで返事の内容を変えた応対がすんなりとできるんだろう? 不思議だ。」と思う。