karotousen58のブログ

「変なことを思い出す→そのことについて、変な見解を述べる」というブログ

謎の食べ物「納豆」

今週のお題「納豆」

私が初めて納豆を食べたのは、高2の夏休みだった。私の親は納豆が嫌いである。だから、うちの食卓には納豆がでてこない。親戚の家に行っても、食べる機会はなかった。
高2の夏休みに、納豆を食べるチャンスが偶然にできた。その日、姉が納豆を買ってきて、「食べてみる?」と訊いた。私と弟は、話に乗った。
その年は、姉が東日本の大学に進学した年である。姉はそこで納豆の味を知り、気に入ったらしい。

食べるチャンスがなかった頃、私にとって納豆は「謎の食べ物」「漫画以外からは、情報が得られない食べ物」だった。
「糸を引く」「においが独特」「かき混ぜて食べる」「醤油で食べる」「卵を入れる人もいる」「藁に包まれている」という断片的な情報を、漫画で読んだことがある。「一度食べてみたい」と親に言って、こっぴどく怒られたことがある。そのときから、「親の前では、納豆のことなんか言わんとこ」と思うようになった。
「納豆」「豆腐」という漢字も、私にとっては謎だった。大豆を腐らせたやつが「豆腐」で、納まっているのが「納豆」と、なりそうなものなのに? 何故? と思った。

高2の1学期に、化学の授業で「炭素化合物」について習っていた。その中に「アミノ酸」の単元があった。「アミノ酸は、アミノ基とカルボキシル基を持つ」という話のときに、「納豆」が引き合いに出された。
「納豆がくさいのは、納豆菌がタンパク質を分解したあとに作られるアンモニア臭も原因の1つ。アミノ基を連想しろ。納豆は栄養豊富。納豆が嫌いなやつは田舎者だ。」という主張が、授業でなされた。
ちょうどよいタイミングで、納豆を食べるチャンスが出てきた。

納豆を初めて食べたとき、私の感想は「これまで経験のない味。だけどおもしろい。気に入った。」だった。しかし、弟は拒絶反応を示した。当時、弟は中2だった。
それから15年以上経ったある日、実家に姉も弟も帰省していた。姉は子供を連れて帰省していた。
「子供も食べる」という理由で、姉は納豆を買っていた。うちの冷蔵庫に納豆が入るのは、あの「初めて食べた日」以来だ。
冷蔵庫の納豆を見た弟が、「納豆か。こいつは、うまいぞ。」と言った。弟も納豆を抵抗なく食べていた。
「そうか、味覚は、中2ぐらいでは決まらないものかもしれないな」と思った。

大学進学で、実家を離れて九州で暮らした。一人暮らしだったから、思う存分納豆を楽しめた。「お城納豆」とか、いろいろとおいしいものが買えた。
実家に帰ってからは、外でないと納豆を食べづらい。「におわなっとう」レベルでも、「においがするから嫌」と親からクレームがつく。
その昔、朝日新聞に「中島らもの明るい悩み相談室」という連載記事があった。
掲載された悩みの1つに、「納豆が好きなのですが、つれあいが納豆嫌いのため、食べさせてもらえません。私は、いつ、どこで、納豆を食べればよいのでしょうか。」というものがあった。
悩みを見て、「私も、投稿しとけばよかった」と思った。

私の好きだった(?)アイス

今週のお題「私の好きなアイス」

私が気に入ったアイスは、ロングセラー商品とならないケースがよくある。もう販売されていない商品4種について書いてみる。

  1. ブレンドコーヒー (雪印) 1978~1983年頃
  2. ICE GUY (森永) 2000年代半ば~2015年頃
  3. GOLD LINEフランボワーズ (明治) 2017年頃
  4. 大山 おいしい さつまいもモナカ (大山乳業) 2018年で販売終了


1.ブレンドコーヒー (雪印) 1978~1983年頃

茶色のコーヒーカップ型容器(取っ手がついている)に入っていた。ふたは紙製。ふたを開けると、コーヒーアイスとバニラアイスとが渦巻き状になっていた。

検索したら、北海道限定商品? との記述があった。なぜか、鳥取県のとあるスーパーで売っていた。その店にだけあった。私にとって、中学高校時代のごちそうだった。九州の大学に進学してから、このアイスを見かけることがなくなった。

このアイスが一番好きだ。思い出補正も入っているかもしれないが。


2.ICE GUY (森永) 2000年代半ば~2015年頃

シェイク系アイス? という感じの商品だった。検索したら、2017年までに、「競合商品が増え、なかなか売り上げが上がらず、販売終了となった」とのことだった。この商品の方が好みだったのだが……。

私の生活圏では、この商品を売っている店が本当に少なかった。とある系列のコンビニで、この商品を買うことがほとんどだった。この系列のコンビニ店舗数は、地元では少なかった。こういう状態だから、「見つけたら、とりあえず買う」ということにしていた。

だが、うちの冷凍庫にチョコミント以外のアイスを入れておくことは危険である。家族に盗み食いをされる危険性大である。特に、当時飼っていた犬の散歩中に、やられてしまった。そして、この系列のコンビニも今はない。


3.GOLD LINEフランボワーズフランボワーズ (明治) 2017年頃

「GOLD LINEフランボワーズ」じたいは、期間限定商品だったのかもしれない。それでも、「また、時期が来ると発売されるかも」と期待していた。このブログ記事を書こうとする直前までは。

「明治」のサイトに行ったら、商品情報のところに「GOLD LINE」がなかった。ということは、販売終了っぽいな。この商品も「競合商品の影響」といったところだろうか?


4.大山 おいしい さつまいもモナカ (大山乳業) 2018年で販売終了

大山乳業は、過去記事鳥取県民自慢のアイス - karotousen58のブログで書いた、地元のメーカーである。

このメーカーは時々、意欲作を発表する。その意欲作のうちのひとつだった。この商品も、売っている店が限られていた。当然、盗み食いをされまくった。

地元鳥取県産のさつまいもを使っているとのことだった。味そのものは、結構評判がよかったのだが。


今の段階での「私の好きなアイス」については、書かないことにしよう。販売終了の不安感を呼んではいけないから。

自転車には二重ロックが必要

anond.hatelabo.jp

この記事の主旨からは外れるが、「窃盗をする気は全くないのだが、一歩間違えたら自転車窃盗犯になっていたかもしれない」経験を思い出した。今回はこれに関する記事。

自転車を使う場合には、二重ロックが必要である。元々自転車についている鍵一つだけでは危ない。その経験で思った。

20年ほど前の冬、私は、父の自転車を借りて買い物に行った。夕方、書店の前に自転車をとめて、本を買った。その時点で外は暗くなっていた。
書店を出て、自転車に乗った。ものすごく快適な乗り心地だ。あれれ?

うちの家族はものぐさである。自転車の手入れなんてことは、やらない。それどころか、自転車カバーすらかけないで青空駐輪をしている。
こんな自転車だから、異音がしたり乗り心地が悪かったりする。それまでも何度か借りたことがあるのだが、乗るたびに「よくもまあ、こんな自転車に乗ってられるな」と思ったものである。

変だと思って、書店前に引き返した。そこには、「ものすごく快適な乗り心地の自転車」ではなく「その自転車と同一車種の、ボロ自転車(つまり、父の自転車)」があった。
「ひょっとして、同一車種では、使われている鍵の種類が少ないのか?まさか、同じ鍵を使っているんじゃないだろうな。」と思った。父の自転車用鍵が、「ものすごく快適な乗り心地の自転車」に合ってしまったのだ。
もちろん、その自転車を戻し、父のボロ自転車に乗って帰った。

もしも、「あれれ?」と思わなかったら、私は窃盗犯となってしまっていた。元々自転車についている鍵だけでは危ないということが、はっきりとわかった。
それ以来、私の自転車には二重ロックをかけることにしている。

市内の木製電柱

今週のお題「カメラロールから1枚」

f:id:karotousen58:20200508011909j:plain


私が住んでいる市は、人口15万人近くの地方都市である。
2009年、私が知っている限りでは、この市に木製電柱が4本あった。そのうち3本は当時実際に使用されていたと思われる。X町とY町に2本ずつあった。
X町もY町も住宅地域である。しかも、Y町の近くにはデパートもある。そういう場所に木製電柱、しかも1本を除いて現役ときたもんだ。「これらの電柱、いつまで見られるかわからないから写真を撮っておこう」と思って撮影したことがある。

 

X町にあったもののうち1本は、2010年3月末にはコンクリート(?)製の電柱に替わっていた。替わる直前に写真を撮ることができた。
もう1本は、住宅敷地内に建てられていた。この状態では写真を取りづらい。写真を撮るのはやめておいた。今年1月に前を通ったとき、その電柱はコンクリート(?)製のものに替わっていた。X町から(私の知っていた)木製電柱は、なくなった。


Y町にあった、使用されていない木製電柱は、2014年頃に撤去された。写真を撮ろうと思った直前に撤去された模様。はやいうちに撮っておけばよかった。
こうして、住んでいる市内にある(私の知っている)木製電柱は残り1本となった。
最初に出てきた写真は、この「最後(?)の木製電柱」の写真である。この写真には写っていないが、電柱には電柱検査プレートが付けられている。2017年12月を意味するプレートが付いている。他、2011年、2006年などのものが付いている。
プレート付近を撮影したものもあるが、その写真では現役なのか否かがわからなくなる。お題が「カメラロールから1枚」となっているから、現役とわかる写真にした。


木製電柱の耐用年数を検索したら、「15~20年くらいとのことです」とあった。20年? この電柱、もっと働いてるんじゃねーの? と私は思っている。今世紀に入ってから、わざわざ木製電柱を新設するとは思えない。ちなみに、X町にあった木製電柱には、2009年9月や1992年の検査プレートが付いていた。

中1国語の激レア授業

今週のお題「激レア体験」 


私が中1の夏休み明け最初に受けた国語授業、ひょっとしたら、激レア授業だったのかもしれない。
去年の今頃、元号「令和」の「令」の字が話題になっていた。「あれれ、この字の下の部分を『マ』のように書いたらダメなの?いいの?」といったことで。
私がこの話題を初めて知ったのは、Twitterだった。ツイートを見て、その国語授業を思い出した。
その授業では、授業1コマ分をまるごと使って、「漢字の書き表し方」の説明がなされた。「手書き文字と活字体とが異なっている場合がある」ことなどについて、丁寧な説明がなされた。点画の長短・方向・曲直・つけるかはなすか・とめるかはね又ははらうか(テストのときに、誤字とみなされるかどうか)についての説明とプラスアルファだった。
私の素人考えだが、「当用漢字字体表(1946年内閣が告示)」を踏まえた説明だったのでは?と思う。
文化庁 | 国語施策・日本語教育 | 国語施策情報 | 国語審議会(終戦〜改組) | 当用漢字字体表


私が地元公立中学に入学したのは1977年。国語担当は、当時20代半ばの先生だった。中学に入学してすぐ、学校生活で「漢字」に対する新たな視点を持つ(と言えば大袈裟だが)きっかけがあった。
小学校と中学校、いろいろな面で違いがある。
小学校よりも、たくさんの先生に授業を習うことになる。その当時、大正生まれの先生もたくさんおられた。最初の授業で、年配の先生方が「古い字体で漢字を書くかもしれない。もし、わからない漢字だと思ったらそのように言ってほしい。」とおっしゃった。
中学では、他の小学校出身者とも一緒になる。小学校からの同級生に「野沢さん」という人がいた。中学最初のクラスには、他の小学校出身の「澤さん」という人がいた。「沢」と「澤」、あれれ?と思った。
中学書道授業では、中1の1学期で行書を習った。行書の手本では、「実」の最後は「はらい」ではなく「止め」となっていた。「どっちでもいいんだろうか?」と思った。
教科書で使われている活字の書体も、小学校と中学校では違っていた。歴史教科書に出ていた「大宝律令」の「令」の字を見て、あれれ?と思った。

中学入学当時のそれらのことをまだ忘れていない、中1夏休み明け。夏休み明け最初で、まだ勉強する気になれない時期。その時期に、普段の授業と少し違うタイプの授業。私にとって、実によいタイミングの授業だった。
しかも、この授業は、「誤字なのか許容範囲なのかを説明するだけ」ではなかった。「楷書や行書など、漢字と仮名の歴史」も踏まえた説明がなされた。
異体字や俗字の「島、嶋、嶌」「町、甼」についても説明があった。「『甼』は田舎の古い案内図などに書かれていることがあるから注意」とのことだった。1970年代だ。面白い授業だった。

「令」の字が話題になるまでは、「漢字の書き表し方」の授業が、一般の学校でごく普通になされているものだと思っていた。しかし、そうではなかったらしい。私がこの授業について書いたり話したりしたら、ネットでもリアルでも、「そういう授業があったのか?」という反応ばかりだった。「そのような授業を受けた」というコメント、私は未だに見聞きしていない。

この先生との激レア話、ここでは終わらなかった。元号が令和に変わって1ヶ月ほど経ったころ、新聞地方紙にこの先生と思われる名前が出ていた。ボランティア活動をなさったという記事だった。記事に出ていた年齢からは、私が授業を受けた当時、20代半ばということになる。「間違いない」と思った。「いい先生のままで、変わらないでおられるんじゃないか」と思った。
この先生の名前で検索してみた。すると、先生と大学で同期だった方のサイトが見つかった。そのサイトで、先生のブログが紹介されていた。ブログのタイトルの一部に、先生の当時のあだ名が使われていた。間違いない。
先生のブログを拝読した。「ああ、プロフィール欄記載の趣味も当時と同じだ」と思った。ブログには写真つきの記事もあった。歳月を経たが、写真の笑顔には面影があった。

もしも、元号に使われた漢字がこういうタイプの漢字ではなかったら? 「この授業が激レアだったのかも?」などと考えることは、おそらく、なかっただろう。
元号発表の時期と、新聞に記事が掲載された時期が、近かったのも不思議な偶然。
これらが関連して、先生のブログを偶然知ることになる。
偶然に偶然が重なる、激レア体験となった。

缶詰、カップ麺、レトルト食品

今週のお題「わたしの部屋」


お題と記事タイトル、どういう関係があるんだ? と思われたかもしれない。
うちでは、「缶詰、カップ麺、レトルト食品」の類をわたしの部屋に置くことにしている。
私の中では、それらの食品は「何かあったときのための非常食」という意味も持っている。「家族用非常食としてある程度ストックしておく。そして、非常食として使う機会がなさそうなものは、賞味期限が近付いた頃に食べる。」ということになる。
これらの非常食、家族の目に触れる場所に置くのは危険である。「家族がすぐに見つけて、すぐに食べてしまう」という話になってしまうからだ。

 
うちの家族は、「行き当たりばったりとその場しのぎの連続で、人生を渡ってきたのでは?」と思わせる人である。しかも、ものぐさである。更に機械音痴でもある。
「調理器具を使う必要のある食べ物」は、袋麺レベルでさえ手を出さない。「インスタントコーヒーの粉末を湯や水に溶かして飲む」レベルのことすら、やろうとしない。湯せんで温めるレトルト食品なら、家族でもクリア可能となっている模様。
電子レンジやオーブントースターのレベルでも、使い方を知ろうとすらしない。
自然解凍でも食べられる冷凍食品を、過去に使ったことがある。このタイプの冷凍食品を家族に教えたのは、私の大失敗となった。
「どんな冷凍食品でも、自然解凍で食べられる」と家族が決めつけてしまい、修正ができなくなったからである。
もう、冷凍食品は、「家族がすぐに、無断で自然解凍して食べてしまう」ことを前提としてしか買えない。


こういうわけで、「缶詰、カップ麺、レトルト食品」と「食品の賞味期限を記入したカレンダー」を、わたしの部屋に隠すことにした。
「実は、うちもそう」という告白を、私は今まで他の人から聞いたことがない。

発達障害啓発週間に読んだWebマンガ

今週のお題「オンライン」

日本では、4月2日~4月8日を「発達障害啓発週間」としている。この時期に、『綿谷さんの友だち』というWebマンガを読んだ。この漫画は次のサイトで一部が読める。
コミックぜにょん|連載作品
このマンガは、「綿谷さん」と、クラスメイトとの生活を描いたマンガである。綿谷さんは、発達障害と(安易に)ラベリングされそうなキャラクターである。第8話までは単行本も出ている。
「これって、どんなマンガ?」と尋ねられたら、私はこう答える。

  • 「相手の顔色を伺いながら、相手の気に入りそうなことを言うことだけが「人とのコミュニケーション」ではない。「相手に自分のことを伝える。そのことによって、相手が変わる。」これもコミュニケーションだと思わせるマンガ。
  • 伝える際に起こりうる、ずれやすれ違い、誤解や頓珍漢な対応など。これら様々な「空気の読めない(とされた)こと」によって、逆に「コミュニケーションの豊かさ、ふくらみ、楽しさ」が生み出される可能性もある。生み出されたものによって、相手も自分も世界が広がる可能性がある。そう思わせるマンガ。

発達障害という概念が広く知られる→それに対する理解が広がる→サポートが広がる」このことによって、発達障害者はよりよい人生を送れるようになる。
と思っていた頃が、私にもあった。
今は、「そうとは言い切れない」と思っている。発達障害という概念が広く知られるようになってから、「予言の自己成就」のようなことが起こるようになったのでは? そして、そのことによって、双方の関係性が酷くなる危険性もあるのでは? という思いがある。
 予言の自己成就については、予言の自己成就(よげんのじこじょうじゅ)とは - コトバンクを参照。豊川信用金庫事件(1973年)が、事例としてよく取り上げられている。
豊川信用金庫事件 - Wikipedia

マンガで描かれた生活は「予言の自己成就」とは対極的なものになっている。単行本の「あとがき」から、作者は「安易なラベリングに走らないで、コミュニケーションをテーマとしている」のでは? と私は思った。


発達障害と「予言の自己成就」について、現在、次のようなことがなされている状態にあるのでは? と私は思っている。

本人が「自分の中にある、これこれこういう(好ましくない)傾向は、発達障害によるものだ」と定義する。あるいは、周囲がそのように定義する。

定義された側は、「自分は、定義されたとおりの人間だ」と思い込んでしまう。そして、定義されたとおりのふるまいをしてしまう。

そのことによって周囲も、「ああ、やっぱり、発達障害があるから、こういう好ましくない言動になるのだね」というまなざしを向けるようになる。

本人が、周囲のまなざしを取り込んで、「発達障害的の(好ましくない)特性」とされた言動を強化してしまう。
の悪循環となっていることもよくあるのでは? と私は思う。

しつこいと思われるかもしれないが、例をあげてみる。

ある場所で、発達障害者家族会の集会があった。集会の部屋に、途中から遅れて入って来た人がいた。集会では、参加者にお茶が出されていた。以前から集会では、遅れてきた人には、その場にいる人がお茶をついでいた。その遅れてきた人が部屋に入ってきたとき、参加していた子供が席を立って歩きだした。

それに対して、その場にいた発達障害専門家が、「これはAD/HDという発達障害の症状である『多動』だ。この年齢になってもあんなようではだめだ。矯正すべき。」と解釈した。その場にいた大人は、「専門家の見解だから正しい」とみなした。

ところが後日、家族会関係者以外の人に、その子供本人が打ち明けた。「新しく入ってきた人にお茶を入れるために、急須のほうに行こうとした。」と。

発達障害を持ち出さないで、他の子供がこの行動を取ったなら、「気が利くね」とか「優しいね」とかいった解釈がなされたかもしれない。

発達障害啓発活動には、次のような発想が隠れていることがよくある。というより、「ほとんどがそうじゃねーのか?」と私はひそかに疑っている。

  • 「私たち非発達障害者の世界」を発達障害者が侵さないでほしい。
  • 発達障害者が、私たち非発達障害者と接しているときには、「非発達障害者の常識」を学び取ってほしい。
  • それぞれの世界における常識が異なっている場合は、躊躇なく発達障害者側の常識を捨ててほしい。
  • 「非発達障害者の常識にかなった振る舞い」をうまくできないのならば、非発達障害者とは別の世界であるところの「彼(女)ら発達障害者の世界」で練習してほしい。そのための場所は、療育施設とか自助会とかいろいろある。
  • 私たち非発達障害者側も歩み寄って、常識を知るための手助けをしてあげる。ただし、私たち非発達障害者の世界が侵されない限りにおいて。
  • この手助けを続けていくと、発達障害者が成長していくのみならず非発達障害者の成長にもプラスになる。

マンガでは、「これらの発想とは違った近づき方が、なされているのでは?」と私は思った。
「綿谷さんのことを、どのように捉えたか」ということを、「綿谷さんをそのように解釈した、それぞれのクラスメイト本人」の「人に対する見方や枠組み」を表すこととして捉える。

社会規範や社会的状況や周りの人との関係性といった観点からも、その解釈について捉えなおしたうえで、いろいろなかかわり方を双方(←ここ重要)が考えていく。

「それぞれのクラスメイトが、かかわり方を考える」ことは、翻って「クラスメイトそれぞれに、生き方や社会のありようを問い直し、クラスメイトそれぞれの生き方をより豊かなものにしていく機会にもなりうる。

という感じであったらいいな、という願望を私は勝手に持っている。


「コミュニケーションにずれがある」ということが、「価値観や世界観が多様であること」に起因する場合もありうる。その多様さによって、「空気の読めない(とされた)こと」が逆に「コミュニケーションの豊かさ、ふくらみ、楽しさ」を生み出す場合もありうる。マンガを読んでそう思った。