読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

karotousen58のブログ

「変なことを思い出す→そのことについて、変な見解を述べる」というブログ

小学校算数「割合」を、私はどうやって勉強していたんだろう?

 

800円の5割を800÷2と求めては駄目なのか? - Togetterまとめ

私が「割合」を習ったとき、分数や小数と関連させて図示して考えてみる→「割合」に関するイメージを持つ という方法をどこかで知った(授業かそれ以外でか不明)。イメージで捉えたら「2で割るのは自然」と思えるが。

2016/11/13 01:26

 あれれ、ブコメでは「2で割るのはアウト。飛躍があるから。」派が意外と多いんだな。

1.私が採点者だったら、「『手続き的に公式に数字を入れて計算』も間違いではないけど、『800円の5割ということは、800円の半分だな』とイメージできていたらもっとうれしいな。」と思って採点するぞ。

2.「5割という言葉から、すぐに半分をイメージ。2割や2割5分からもすぐに、5分の1や4分の1をイメージ。3割という言葉からすぐに、『3分の1より少し小さいな』とイメージ。」これらの感覚って、結構重要だと私は思うのだが?

3.元記事では、「800×0.5と書くのは一般的だが、800÷2と書くのは途中式の省略であり好ましくない。」という意見もみられる。ここで「×0.5」という表現が出てきたことにも疑問あり。

「100分の50(注 これを分数で表記)をかける」という表現(小数ではなく分数を使う表現)のほうが、割合についてイメージしやすいのでは? 小数を使うように指導があるのだろうか? この「一般的な書き方」だけを教えられたら、小5(注 私は「割合」をこの学年で習った)時代の私なら理解できなかったかもしれない。 

と、元記事とブクマを読んで私は思った。

 

子供の頃を思い出すに、私はこの「一般的な書き方」をしていなかったと思う。分数を使って解いていた。複雑な問題になったら、図を書いて考えることにしていた。習いたての頃は、簡単な問題でも、分数に変えて図に書いていた。「図を書いて考える」ことを何度かやっていて、2.で書いたイメージがすぐに頭に浮かぶようになったのだと思う。

また、「割合」に関連したことは日常生活でもよくでてくる。

・テレビのスポーツニュースで「プロ野球の順位表です。○○(注 チーム名)は今日勝って、勝率を5割としました。」とアナウンサーが話した。→「○○の勝ち数と負け数を見て、『確かに半分だ』」と思った。

プロ野球開幕戦で4打数1安打だった選手がいた。この時点での打率は2割5分と新聞に出ていた。→「確かに4分の1だ」と思った。

・スーパーのお買い物上手コーナーに、値引きシールの貼られた品物が置かれている。それを見て、「2割引シールだから、××円安くなる」と思った。

等といった、「日常生活と関連させて、無意識のうちに学んでいた」という経験も重要だったと思う。

 

「図を書いてみる」「小数ではなく分数を使う」「日常生活と関連させてみる」という方法を、私は何処で知ったのだろうか? 教科書や授業で扱われていたのか、児童書で知ったのか、はっきりと覚えていない。

「公式があります。公式を使って解けないようじゃ理解したとはいえません。」的な方針だけでこの単元を勉強していたら、おそらく私は割合の計算ができなかっただろう。そして、この単元が嫌いになっていただろう。

そういえば、小学校高学年の頃、算数ノートのことで担任や親によく怒られていたな。

「算数の問題を解くときに、図を書いて考える」という方法を、当時の私もよく使っていた。しかし、私は絵が下手すぎた。私の書いた図を見て、担任や親は怒った。「そんなノートは幼稚だ。やめろ。」と。親は更に続けた。「いちいち図なんかかかないと、解けないのか。」と。

ただ、私は運が良かった。当時読んでいた子供向け雑誌に、算数文章題に関する記事が出ていた。それを読めたのは運が良かった。記事には次のように書かれていた。

「問題文を読んだだけでは何をどうやっていいかわからない難しそうな問題でも、図を書いて考えると分かりやすくなることがあるよ。図を書いて考えていくうちに、力がついていくものだよ。授業で習ったことを他の事柄と関連させて考えてみるのも、力をつけることにつながるし楽しいよ。」と。

この子供向け雑誌が大好きだった私は、担任や親の言葉よりもこの記事を信じることにした。もしも、この記事を読む機会がなかったら私はどうなっていたのだろう? この記事を私に届けてくださった方々に感謝する。

 

日常生活と関連した学びや図を書いて考えた経験を重ねていって、「テストのときも、2.で書いたイメージを使って計算する習慣がついてしまった」子供って、いないんだろうか? 

「そういう習慣がついて、テストでもそれを使って解いた」ことを「表現力がない」「これじゃ算数のテストではない」と解釈されたら、私なら残念に思う。

もしも誤答とされたなら、「きちんとした計算方法がわかっていないのに、経験則で答えた結果オーライの答案」と決めつけないで、フォローする必要があると思う。

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」

1. はてなブログを始めたきっかけは何ですか?

 

karotousen58.hatenablog.com

2.ブログ名の由来を教えて!

 夏炉冬扇という言葉をはてなidにした理由

karotousen58.hatenablog.com

「はずみでついてしまったid名だ。こうなりゃ、ブログ名にもこのidを入れよう。」と思った。

 

3.自分のブログで一番オススメの記事

 

karotousen58.hatenablog.com

ネットを始めた頃、「地域による違いを、いろいろと知ることができるんだな。」と思った。「地域による違い」を楽しんで書いたのがこの記事。

日本昔話は、地域や語り手によって内容が微妙に違ってくることがある。私は鳥取県在住である。「このお話は、鳥取県ではこのような内容になっている。」なんてことを話す機会は、オフラインではほとんどない。

4.はてなブログを書いていて良かったこと・気づいたこと

拙ブログにたどり着いた「検索ワード」をもとにして、検索してみる→面白い記事が見つかる

という経験ができるのが、一番良かったことである。

「こんなくだらん記事が発端となって、他のサイトの面白い記事が見つかる」というのは、不思議で面白い体験である。

karotousen58.hatenablog.com

5.はてなブログに一言

はてなブログトップページに、「新着エントリー」復活を希望します。

karotousen58.hatenablog.com

 

 

電子レンジで思い出したこと

 

「レンジで字が消える!」というYouTube動画を真似した息子がノートを黒焦げにした話 - give IT a try

電子レンジじたい、使い方に注意が必要。昔、甥が「焼き芋を温めようとしたら、煙が出た」と言った。母がアルミホイルを入れたこと有。「さつまいも 電子レンジ 発火」検索で http://www.city.osaka.lg.jp/shobo/page/0000169580.html

2016/10/26 21:43

ブックマーク元記事のブログ主や息子さんや動画投稿者を問題化するのではなく、「電子レンジの使い方がまずいと危険」という情報が知られていない(と私には思える)ことにも、着目する必要ありと思った。 

ブックマーク元記事を読んで私が最初に思ったのは、「電子レンジで加熱してよいものか否か、入れる前に迷わないのだろうか?」だった。しかし、続けて次のことも頭に浮かんだ。

・そうか。そういえば私の家族が家で電子レンジを初めて使ったのは、平成に入ってからだった。卵を入れてはいけないとかいった類のわずかな情報しか知らなかったから、使ってはいけない容器とか加熱に注意を要する食材とか最初に説明書を読んで確認したんだった。使用目的も限られていたんだった。

・一方、若い人の場合は『子供の頃からうちにあった家電で、使うときに説明書を意識する必要はなかった』ケースが多いのかもしれない。『電子レンジであたためて使う湯たんぽ』など、料理や食事以外の目的で使ったことのある人も多いのかもしれない。

 

ブックマークコメントを読んで、「電子レンジの使い方がまずかったことが原因で、起こった火災」について見聞きしたことのある人は少ないのかな? とも思った。

続いて、「電子レンジに関連した、子供向け科学記事」を探してみた。意外と見つからない。

「そういえば、子供の頃学校にあった『少年写真ニュース』の類や子供向け科学の本でも、『電子レンジの科学』といった記事を読んだ覚えがない気がする。」と思った。(「家に電子レンジがなかったから、記事があっても印象に残らなかった」のかもしれないが。)

 

私が「使い方を間違えると、電子レンジも危険な家電になりうる」と初めて意識したのは、私の母がアルミホイルを入れて加熱したときだった。そのとき、私の家には私の甥(当時中学生)が遊びに来ていた。甥が「ピザが食べたい」と言ったので、母がアルミホイルにピザをのせて電子レンジのスイッチを入れた。

そして、母が大声で私を呼んだ。「怖い」と。扉を開けずあたためを中止し、電源プラグを抜いた。火はすぐにおさまったから、加熱してすぐに異変に気付いたのだと思う。もしも、加熱開始直後に母がその場を離れていたら、母と甥以外は家に誰もいなかったら、どうなっていたか? 想像すると怖い。

後で「アルミホイルを入れるなんて怖いこと、これまでやってたのか?」と私は母に訊いた。

そのとき甥が言った。「僕も焼き芋をあたためようとして、火や煙がでて怖かったことがある。」と。

これを聞いて、母と甥と私とで、電子レンジの説明書を確認してみた。

「水分の少ない食材を加熱する場合は、水分が蒸発してカラカラになって焦げやすくなり、加熱が進むと煙が出たり発火する場合がある。」「あんまんや焼き芋なども水分が少ないので焦げやすい」と書かれていた。

甥が打ち明けてくれて、「水分が少ない食材の加熱」について強く意識することができた。市販のあんまん等はパッケージに、「水で濡らしてラップをして電子レンジで加熱」というふうに書いてある。「これは、水分が少ない食材ということが背景になっているのだな」と思った。子供に対しては、この背景についても説明したほうがいいと思った。

 

電子レンジ使用時の注意点については、 http://www.sharp.co.jp/support/safety/doc/mw_oven-caution.pdf にわかりやすく書かれている。理論的背景についても説明がある。また、「生クリームやヨーグルトなど油分の多い食品は加熱しない」「少量の食品加熱も要注意」も付け加える必要がある。

「電子レンジ 発火」で検索すると、写真や動画を使って説明した記事も見つかる。

ブックマークコメントは、ネットリテラシー関連コメントが多い。しかし、それだけではなく、「電子レンジの不適切な使い方が原因で起こりうる発火」に関する知識も周知させたほうがいいと思った。

「最近あった、修学旅行での溺死」について思うこと

 

小6女児、修学旅行先で溺死 ホテルで入浴中 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

"6月に自宅で入浴した際に意識がもうろうとし、9月に入ってからも気分が悪くなったことがあり"が気になる。2度目のとき、きちんとした診察を受けたのか?学校側はそれを把握か?他者に気付かれにくい意識消失もある

2016/10/02 02:51

現段階では、 この溺死について、地元マスコミでは詳しい報道はなされていない状態にある。6月から9月の、本人や周りの人の状況が私は気になっている。

私はてんかん患者。「一歩間違えたら似たようなことになっていたかもしれない、てんかん患者」の話を、私は何度か聞いたことがある。私もその中の一人である。(注 「小学生がてんかんを持っていた」と決めつけるわけではない。)

医療的なことについては、Ponta08さんのブログ記事 「小6女児、修学旅行先で溺死」についての見解 - ネットの情報に惑わされない病気の見方 と  「小6女児、修学旅行先で溺死」についての見解 - ネットの情報に惑わされない病気の見方 で、丁寧な説明がなされている。(注 「てんかん」についての説明記事ではない。)

 

溺死した小学生の体の状態に関する記述は、ネットニュース発表の時刻によって微妙にトーンが変わっている。これも気になる。

では、てんかん患者が「一歩間違えたら似たようなことになっていたかもしれない」と認識した理由は何なのか? それについてこれから書く。

本人、家族(特に親)、周りの人(特に学校関係者)に誰一人として悪い人がいるわけではない。むしろ、誰もが、「他者の心を傷つけないように、お互いが空気を読みあって接している」状態にあると思われる。

だが、この「傷つけない、空気を読みあう」状態が、「本人、家族(特に親)、周りの人(特に学校関係者)という集団内にとんでもない力学」を発生させてしまうことがある。

とんでもない力学とは何であるか? それは、「受診なんて大袈裟。貧血やのぼせなんて、成長期の子にはよくある話。」という認識に走らせてしまうことである。「次にあげる3つの事柄が重なって、この力学が発生」した話を、てんかん患者から私は聞いている。

・「てんかんという病名は、社会的に偏見が持たれている。この病気を持っている可能性を、認めたくない。」という思いを家族(特に親)や周りの人(特に学校関係者)が持っている

・「ただの貧血、ただののぼせ。成長期の子にはありがちなこと。過保護はだめ。」という類の発言が、影響力の強そうな人からなされる。複数人からなされることもある。

てんかん発作の場合、患者本人には発作当時のことがわかっていないことが多い。だから、意識もうろう状態等について本人がわかっていない。

 

てんかん等の疾患を否定したい」という思いを家族(特に親)が持っている場合、周りの人が「おたくのお子さん、ひょっとしたらてんかんが隠れているかもしれません」といった類の言葉をかけるとなると、やはり「言葉をかけられる側にショックを与えない物言い」等について考える必要が出てくる。

言葉をかける側も、「ショックを与える冷酷な人」になることはやはり避けたい。

発作(と思われるもの)の起きた本人に対しても、「てんかんを疑わせる情報」を正直に話しづらいということらしい。私が話を聞いたてんかん患者も、「発作のときの詳しい情報は、教えてもらえなかった。」「『受験とか、ストレスがたまっただけだよ。心配しないで。』としか言われなかった。」と答える人多数。

そして、こういう状態で、「成長期の子にはありがちなこと。大袈裟だ。」という発言が、影響力の大きい人や多数の人からなされたら、親や教師が動揺してしまうこともありうる。

こういう条件が重なって、

受診なんて大袈裟と、親や教師が思い込んでしまう→隠れていたてんかんが見逃されてしまう→その後、悪化してから発覚 

というルートを辿ってしまう。

 

てんかんの場合、最初に起こった発作だけでは「てんかん」という診断名は、通常の場合つかない。経過観察はなされるが。だから、2度目の発作らしきものが見られたら要注意。患者の感覚としては、これは「常識」である。

しかし、患者本人以外の人にとっては「最初の受診で診断名がつかなかったのだから」と解釈されてしまう、そういう危険性もあるのかな? とも思った。

また、てんかん発作は、「全身痙攣や意識消失」が起こるものだけではない。「ただのたちくらみ」とか「ただの頭痛」とか「疲れて、一瞬ボーっとしていただけ」と片づけられていたものが、実はてんかん発作だったということもある。これらが見逃されやすい(受診なんて大袈裟という認識につながる危険性あり)ことにも要注意。

 

「いくらなんでも、『受診なんて大袈裟』という認識に至るのは楽観的すぎるのでは?」と思う人がいるかもしれない。

しかし、実際にその事態となって、「てんかんという病名を否定」という認識に走った人は、ネット上でもリアルでもかなり存在する。

過去記事  てんかん患者と家族 - karotousen58のブログ でも書いたが、てんかんと間違えやすい病気に「心因性てんかん性発作」がある。「てんかんではなくて、単なる心因性てんかん性発作なんだ。心因性だから、本人の気の持ちようでなんとかなる。」と家族が決めつけてしまうケースに、何度か私は遭遇している。

心因性と決めつけるのは危険です。受診が必要です。小さい発作は特に見逃されやすいし。もしもてんかんだったら、悪化しないうちに見つかって治療するほうが予後がいいです。」と私が何度言っても、「否、心因性に決まっています。」という言葉が返ってきたということも何度かある。特に、小さい発作は否認されやすい。

私も、家族から「心因性てんかん性発作」と決めつけられ続けている。「てんかんは、知的障害者に見られる病気。(自称)進学校といわれている高校に通っていたんだから、てんかんなんてありえない。」と、今でも私は言われている。そのたび、「それはてんかんについての誤解」と私は説明しようとする。しかし、家族は取り合わない。

 

「同級生は誰も気が付かなかったのか?」というコメントも、ネット上ではあげられていた。

同級生を責めることはできない。「誰も気が付かない」ということはありうる。見逃されやすい発作は特に。

 

「この事故について、誰かを責める」という行動を、私は取ってほしくない。ただ、「隠れていた疾患が見逃されてしまう」事態を防ぐこと、これを考える必要がある。そう思ったからこの記事を書いた。

今週のお題「秋の味覚」

今週のお題「秋の味覚」

 

「秋の味覚」といえば、さつまいもが最初に浮かぶようになった。

さつまいもが母のおやつとして、重宝される季節がくる。どうやら、母が一番気に入っているおやつは「焼いも」のようだ。ふかし芋、天ぷら、大学いも、スイートポテト等いろいろな食べ方があるが、シンプルな「焼いも」が一番好きということだ。

 

さつまいもにも、色々な種類がある。大雑把に2つに分けると、「ほくほく系」と「ねっとり系」となる。

ほくほく系の例 紅あずま、鳴門金時、高系14号 パープルスイート

ねっとり系の例 紅はるか、安納芋

母はねっとり系が好みらしい。紅はるかが一番好きということだ。ただ、「安納芋が高価だから、私がなかなか買う気になれない」という事情もあるが。パープルスイートは、他の種類に比べると「甘さひかえめ」という感じだ。私は気に入っている。母にとっては物足りないようだが。

紅はるかは、表面に黒いしみのような部分があるものも多い。最初私は驚いたが、これがあっても問題はないということだ。紅はるかは甘いいもだが、後味はすっきりしている。

 

地域によっても、流通しているさつまいもの種類は違っているようだ。「紅あずま」といういもを、私の生活圏では見かけない。あずまという言葉がついていることから考えても、東日本で出回っているものなのかな? と思う。

私の住んでいるところでは、「かんしょ」という表示がなされているものが多い。検索したところ、「高系14号」という名のもののようだ。

九州にいた頃、「白い皮のさつまいも」が売られているのを見て驚いた。これは「コガネセンガン」といういもで、芋焼酎の原料として使われることが多い。天ぷらにしてもおいしいらしい。ただし、焼いもにはしないほうがいいともきいた。実際私は、何も知らない状態で買って焼いもにしたことがある。確かに期待外れだった。 

 

私が住んでいる地域の場合、店や時期によって、いもの種類が違っているようだ。

安納芋の多い店、鳴門金時の多い店、時期によって種類がいろいろと変わる店、高系14号と紅はるかの多い店、いろいろある。大きいいもをよく売っている店、小さいいもをたくさん袋に入れて売ることも多い店、いろいろある。

うちでは、オーブントースターで芋を焼く。だから、「小さいいもがたくさん」入った袋を見るとうれしくなる。オーブントースターは、高齢者にも使いやすい家電だ。だから、母もこれを使って料理ができる。

安納芋と鳴門金時は高級品に思える。なかなか手が出せない。高系14号と紅はるかをよく買う。安納芋は、たまに特売がある。そのときを狙うしかない。

紅あずま、ネット上では東日本の人から「おいしい」というコメントがつくのを何度か見ている。紅あずまと鳴門金時、これらも食べてみたい。

「『障害者×感動』の方程式」周辺にあるもの

 

NHK:「障害者を感動話に」方程式批判 - 毎日新聞

「自分の幸せが改めてわかる」という理由に吃驚。「『非障害者の自分』と対比→自分と異なるカテゴライズ→幸運/感謝を隠れ蓑に同情/優越感を持つ」自分を見つめた上でのその回答なら、関係性改善の模索に繋がるかも

2016/08/30 01:23

 

この記事で私が最も驚いたのは、次の箇所である。

 「障害者の感動的な番組をどう思うか?」と健常者と障害者100人ずつに聞いた調査では、「好き」は健常者が45人に対し、障害者は10人。健常者の好きの理由は「勇気がもらえる」「自分の幸せが改めて分かる」など、障害者は「取り上げてもらえるなら、感動話でも仕方ない」だった。

 

好きな理由を見て驚いた。「これはひどい」という意味ではない驚きも含まれている。

「勇気をもらえる」「自分の幸せが改めて分かる」「取り上げてもらえるなら、感動話でも仕方ない」というコメントは、回答した本人が自らの思考や感情と向き合うことから逃げなかった結果として、出てきたものかもしれない。

そう思ったからだ。

この調査に対しては、「『次のことをふまえた理由』を美しいタテマエとして答えればよい」という態度で逃げるケースが多いのでは? と私は想像している。

「障害者差別があるのは、学校教育からずっと分けられてきてお互いを知らない状態にあるから。無知が差別や偏見の育つ温床。差別や偏見は、知識や心や考え方の問題。それらを変えていくこと、お互いが理解し合うこと、時間や場を共有することが大切。」ということを踏まえた理由。

 

実を言うと私は、「自称支援者や自称理解者」や「義務教育時代から統合教育を受けていた。だから、障害者との接し方を自然に学びとった。差別の原因は無知。一緒にいることが大切。」と主張する人のほうが怖い。彼(女)らの中には、その美しいタテマエを主張して「彼(女)らにとって都合の悪い障害者」を黙らせる人が少なからず存在するからだ。

無知が差別や偏見の温床である。それは確かに正しい。しかし、知識を身につけた/同じ時と場を共有したとしても、それだけでは対策とはならないと私は思う。知識や時や場の共有とともに、「自分たちがいかに、差別や偏見の関連した日常を暮らしているか」を見つめなおす必要もあると思う。

 

ブックマーク元記事より

 

NHKのEテレの情報バラエティー番組「バリバラ」で28日夜、「検証!『障害者×感動』の方程式」と題した生放送があった。「清く正しい障害者」が頑張る姿を感動の対象にすることを「感動ポルノ」と表現し、「感動は差別だ」との障害者の声を伝えた。同時間帯は日本テレビ系で障害者の姿を伝えるチャリティー番組「24時間テレビ」が放送中だった。

 

 番組では、自身も障害者で「感動ポルノ」の言葉で問題提起した豪州のジャーナリスト兼コメディアン、故ステラ・ヤングさんの「障害は体や病気よりも、私たちを特別視してモノ扱いする社会の方」との発言を紹介した。

 

 頑張りの方向性は、パラリンピック等のイベントや障害者アート等の芸術だけではない。

「『彼(女)といると癒されます』と思われるような、けなげで可愛い障害者になるように、頑張れ」圧力という方向性が、最も一般的である。

つまり、「頑張って、顔色伺い力や可愛がられ力を身につけろ」ということである。そして、中心になってそれを推奨する人物は、実は、自称理解者や自称支援者である。

「義務教育時代から統合教育を受けていた。だから、障害者との接し方を自然に学びとった。差別の原因は無知。一緒にいることが大切。」と主張する人達(全員が全員というわけではないとは思うが)からも、私は何度も言われた。「統合教育では、健常者の顔色伺い力や健常者から可愛がられる力を身につけるべく、障害者だって努力する。」と。

障害関連啓発イベントでの、「ありうべき共生像」等に対するモヤモヤ感 - karotousen58のブログで、私は次のことを書いた。

・非障害者サイドでつくられた「期待される障害者像」「ありうべき共生像」の、いかがわしさ

・非障害者側が、「障害者が、協力的な周囲に助けられた。勿論、障害者本人も頑張った。周囲の人々も障害者に親しみを感じて、偏見をなくした。障害者と接することによって、健常者も優しさや思いやりの大切さに気付き、人間的に成長した。」という類の(予定調和的な)美談を、「ありうべき共生像」として流通させる。

・「期待される障害者像」「ありうべき共生像」が支配する空間で、障害者は、「克服のエピソードとあわせて苦労話を語ること」が期待される。それを語る際には、「周りの人々の協力」がセットになっている。

・「人々に共感してもらえることって、(障害者側も)うれしいことでしょ。必要な手助け等について話すこともできるのなら、あなたたち障害者への理解が進むことも期待できるわよ。そのためには、親しみを感じてもらえるようにふるまうことも大切よ。」的な誘導が、障害者に対してなされる。

・「期待される障害者像」に沿った言動を取る障害者は、納得され、場合によっては称賛される。しかし、「期待される障害者像」から外れた障害者は問題視され、非難の対象となる。「期待される障害者像」や「ありうべき共生像」に疑問を呈したり異議を述べたりした場合も同様。

・「障害が及ぼす影響」には、「本人や身近な人物の持っている、各種資本と地位」「(追い詰められた際の対処法としての)手練手簡も学び取れる実力」も大きく絡んでくる。個々人の経済的・社会的事情によって、態度が変わることもよくある。しかし、「期待される障害者像」「ありうべき共生像」では、それらは「存在しないもの」とされる。

(念のための注 「障害者の要求は全部受け入れろ」という意味ではない。社会で生きるためのルールを把握し守ることは、当然障害者側にも必要。)

 

つまり、「障害者×感動」の方程式は、例のチャリティー番組にのみ存在するわけではない。非障害者サイドでつくられた「期待される障害者像」「ありうべき共生像」にも、しっかりと存在する。これを私は主張したい。

「愛される障害者と接して、非障害者である自分自身も癒される/成長する」という感情を出発点として、障害者ー非障害者間の非対称的な構造を考える。「癒される/成長する」と感じる自分がその構造の中でどういうポジションにあるのかを内省して把握する。

このプロセスを無視した「癒される/成長する」という類の「感動」が、批判の必要なものであると思う。

自称理解者や自称支援者やそれらの崇拝者が支持する「障害者×感動」の方程式は、「苦労する障害者」と「それから免れて生きてきた自分たち」と対比のうえで消費されるものである。つまり、「非障害者として生まれたことへの感謝」という形を取って、控えめな優越感が示される。

「勇気をもらえる」「自分の幸せが改めて分かる」「取り上げてもらえるなら、感動話でも仕方ない」という思いの内実を検討していくことは、障害者の差別や権利を意識化して考えていくスタートともなりうるのかもしれない。

 

障害者殺傷事件関連で、「犠牲者を記憶にとどめるために、被害者の実名報道が必要」などという見解が出された。

障害者団体や支援者団体によって。

この「実名報道が必要」という主張の裏にも、「障害者×感動」の方程式がしっかりと隠れていると思う。

この主張と「障害者×感動」の方程式についても後で書きたいのだが、うまくまとまらない状態にある。

目的がわからない「全国学力テスト」

 

東京新聞:学力テストで一部生徒の答案除外 沖縄の中学「平均点下がる」:社会(TOKYO Web)

この中学校関係者を庇うわけではないが、実は、映画『みんなの学校』でも似たようなことがなされている。何故かこの映画は批判されない。「批判されるのならまだマシ」と、「平均点を下げてきた」私は思う

2016/08/24 14:18

 

文部科学省の発表によれば、全国学力テスト(全国学力・学習状況調査、全国共通学力調査)の目的は「児童生徒の学力の状況を把握」ということである。

統合教育(注 インクルーシブ教育という言葉を私は使いたくない。いわゆる「投げ込み統合」問題について真剣に考えられているとは思えないからだ。)崇拝者が絶賛する映画『みんなの学校』でも、このテストに関するシーンがあった。「文部科学省の発表とは違った目的で、このテストが使われているぞ」としか思えない描写だった。

去年の夏、映画『みんなの学校』を観た。 去年書いた記事 映画『みんなの学校』に対する疑念 - karotousen58のブログ で述べた疑念は晴れなかった。そして、最も違和感を持ったのは、このシーンである。

更に、(私の観測範囲では)そのシーンに対する批判はなされなかった。むしろ「その小学校は、全国学力テストの点数も高い」とアピールされていた。

ブクマ元記事を読んで思った。「あれれ、あの映画とやっていることは似たようなもんだろ。どうして沖縄の中学の場合は批判されるんだ? あの映画のほうは絶賛されているのに。この違いはいったいどこにあるのだろう? 」

 

映画では、学校が取った行動は次のようなものだった。

テストは多目的教室で行われた。テスト前に、「テストを受ける必要のない子供たち」が選ばれていた。その子供たちはテストのとき、別室に残された。

別室では、「君たちの力を見ます」とか校長が話して、日本地図パズルなどをやらせていた。

残された子供のうちの一人が、「多目的教室に行かんの?」と校長に質問した。すると、校長は答えた。

「みんなの受けているテストは難しい。君たちは他の人と競争しないで自分の成長を知るのです。」といった内容で。

そして、「その小学校は、全国学力テストの点数も高い」とアピールされる際には、このカラクリについては説明がない。

映画を観て、私は思った。

・そうなのか。やはり、文部科学省発表の目的はタテマエだったんだ。

・「1960年代になされていた全国学力テストが廃止された背景には、知的障害者等を受験させないといった類の問題があった。いまの全国学力テストはそれらも考慮されている」などと思い込んでいたら大間違いということなんだな。

・点数の順位を都道府県や各学校が争う、そのために過去問をやらせるなど学校が対策を講じているのは「常識」という話を聞いたことがあるが、嘘とも言い切れないな。

・テストを受けた子供に対しては、(この全国学力テストに限らず)「誤答の中身を吟味し、どうやればよいのか対策を考えていく」という方針を重視することはなさそうだな。「高得点だと成長の証となる(低得点だと成長していない)」と見ているようだな。

・(映画に対するたくさんの絶賛コメントを私が知った後)「その小学校では、全国学力テストの点数も高い」ということを主張する際、どうして「カラクリ」を説明しないのだろう? 文部科学省発表の「タテマエ」を信じている人なんているはずがないということか?

文部科学省発表の「タテマエ」を真に受けるような人は、「みんなの学校」でいう「みんな」にはカウントされないようだな。

 

沖縄の中学校とあの映画との違いは、

「指導していないから学力の改善はできない」「(答案用紙を混ぜると)平均点が下がる」と「みんなの受けているテストは難しい。君たちは他の人と競争しないで自分の成長を知るのです。」

ということか? 後者のほうは「配慮のなされた発言」ということか? 配慮がなされているというのなら、何故、カラクリを明かしたうえで「高得点です」と主張しないのか? 疑問に思う。

後者のほうがタチが悪いと、私は思う。「(本当は大人のためにやっていることなのだが)あなたのために、配慮してあげている」という嫌らしい恩着せがましさも加えられているから。もっとも、前者もほめられたものではないが。

 

「多目的教室に入れない子供」のポジションにいた私は思う。

文部科学省発表の目的は「タテマエ」であること、この全国学力テストでは子供は(大人たちにとっての)点取り競争ゲームの駒であること、高得点を挙げることが成長の証となる(低得点だとならない)と学校側は判断していること、この3点をはっきりと伝えてほしい。「子供だまし」を真に受け続けるのは、危ないことである。

そして、

・(この全国学力テストに限らず)テストの類を受ける際に大切なことは「高得点をあげること」だけではない。

・「誤答の中身を吟味し、どうやればよいのか対策を考えていく」ことも大切だ。

ということも、子供に伝えたほうがいいと思う(少なくとも、子供時分の私には伝えたほうがよかった内容だと思う)。